紀平梨花は筋肉がすごくて腹筋が割れてる!可愛い姉との画像もまとめました

Pocket

2018年のグランプリファイナルで見事初優勝を飾った紀平梨花さん。

突然現れた新星は浅田真央さんの再来とまで言われるほどですよね。

しかも演技力がすごいだけでなく、とても可愛いんです!それなのに、実は腹筋がすごくて小さい頃からストイックに鍛えているとの噂を聞いたので、まとめてみました。

また、お姉さんも可愛いとの噂も調べました。

Sponsored Link

紀平梨花のプロフィール

きひらりか

生年月日:2002年7月21日

血液型:O型

出身:兵庫県西宮市

身長:154cm

 

2015年からジュニア大会に出場し、全日本ジュニア選手権、世界ジュニア選手権、全日本選手権と着々に出場していく

2018年−19年シーズンから初のシニア戦に参戦。プラチスラバで行われたオンドレイネペラ杯で初優勝を飾った。

その後のグランプリシリーズデビュー戦のNHK杯では日本女子歴代最高点を記録し、初優勝。

フランス国際でも優勝し、グランプリファイナルを手に入れる

そして、今回のグランプリファイナルで見事初優勝を飾った。

 

シニア戦に参戦してから、連勝続きの紀平選手。ジュニアの時にはそこまで目立った活躍をしていなかったので、ノーマークからいきなりの大舞台。日本国民だけでなく、世界が驚きましたよね。

紀平梨花は小さい頃から「ヨコミネ式」

紀平選手の凄さは、身体能力の高さにあるようです。

なんと、紀平選手は1歳の頃から体を鍛えていたそう!

1歳って体鍛えられる年齢なんでしょうか?!

 

というのも、2歳になる前に「ヨコミネ式」を採用する幼稚園に入園しているようです。

「ヨコミネ式」とはプロゴルファーの横峯さくらさんの叔父、横峯吉文氏が提唱した幼児教育法です

子供が自立するための「心の力」、「学ぶ力」、「体の力」を育てるようなカリキュラムが組まれており、ヨコミネ式を取り入れた保育園では、園児全員が逆立ちで歩けるようになる

なんだかすごそうな幼稚園です。

それを裏付けるように、紀平選手は5歳の時には片手で側転ができるほどになっていたとか

50メートル走は驚異の7秒台。

 

紀平梨花の腹筋がすごい

紀平選手の腹筋も割れていてものすごいです!

体脂肪率はなんと、6%

イチロー選手や新庄選手が同じ6%です。あんなマッチョな野球選手と同じ体脂肪率なの?!と驚きです。

さらに、細い二の腕の筋肉もすごい

可愛い顔とのギャップが!!衝撃的です。

 

ちなみに成人女性の平均体脂肪率は21%ー27%

浅田真央さんも当時は7%でした。

体重は毎日記録をつけて徹底管理。チョコレートは1日1粒などマイルールを決めているといいます

体重管理を徹底し、その日の筋肉の状態に合わせてトレーニングをするようです。

やはり、世界で優勝するにはそのくらいストイックでないといけないのですね。

Sponsored Link

紀平梨花の姉も可愛い

仲の良いお姉さん、紀平萌さんもツイッターで話題になっていますよね。

いつもツイッターで梨花さんを応援していて、仲良しなのが伝わってきます。

目鼻立ちがよく似ています。可愛い姉妹ですね〜

紀平梨花のまとめ

紀平梨花選手はシニアデビュー戦から初優勝を飾り、グランプリファイナルも優勝しました。

小さい頃から鍛えており、身体能力がずば抜けていて体脂肪率が男性アスリートと同じ6%。

グランプリファイナル優勝確実と言われていたザキトワ選手をも唸らせる演技で、ライバル認定されましたね。

浅田真央さんをも超えると期待されている彼女の活躍から目が離せませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください