Canvaの使い方。kindle電子書籍の表紙を作成してみよう!

Pocket

無料でおしゃれなデザインを作れるツールCanvaの使い方をご紹介します。一緒にKindle電子書籍の表紙を作ってみましょう。

Canavaの使い方ステップ1

①Canvaに登録する

Canvaはオンライン上で無料で使うことができるデザインツールです。

下のボタンからCanvaのトップページに飛びます。

Canvaへ飛ぶ

Facebook/Googleアカウント、もしくはメールアドレスで登録することができます。

②ホームからデザインを選ぶ

ホーム画面から好きなデザインを選ぶことができます。

インスタグラムやFacebookの投稿、バナー、ロゴ、ポスター、メニュー、youtubeのサムネイルなどさまざまな用途から選ぶことができます。

今回は雑誌の表紙からデザインを選びます。画面真ん中の「文書」から「雑誌の表紙」を選択してください。

このような画面が表示されます。左側の黒い画面に雑誌関連のテンプレートが表示されます。

今回は青枠で囲ったテンプレートを使います。クリックすると、左側の白い画面に表示されます。

テンプレートを選ぶときには、無料と有料に気をつけましょう。

マウスを乗せたときにテンプレートの右下に「無料」と表示されるものは無料で使うことができます。見づらいですが、黄色マルで囲ってある箇所です。

有料のものは値段が表示されます。有料のテンプレートをうっかり編集してしまうと、完成品をダウンロードするときに支払わなければならないので、今までの苦労が水の泡です。

③文字を編集しよう

デザインや文字を編集することができます。

文字の上にマウスを置いてクリックすると、青枠が表示され自由に編集できるようになります。いらない文字はdeleteボタンで消すことができます。

画面上にあるアイコンからフォントやサイズ、色を変更することができます。

  • 黄色、、、フォント書式
  • オレンジ、、、フォントサイズ
  • 黄緑、、、フォントカラー
  • 水色、、、太字
  • 紫、、、文字を斜めにする
  • 灰色、、、文字の配置
  • ピンク、、、箇条書き
  • 緑、、、文字のスペース、行の高さ
  • 赤、、、テキストを縦書きにする

日本語のフォントも種類が豊富です。

今回はタイトルを「電子書籍」、フォントは「コーポレート・ロゴ丸」、フォントサイズは140、色をにしました。

他の小さい文字はデリートします。

④帯をつけよう

次に、本っぽさを出すために帯をつけます。

左側のメニュー「素材」をクリックすると、図形、フレーム、スタンプ、線、グラフ、グリッドなどの素材が表示されます。

図形」の四角型をクリックすると、右側の画面に表示されます。

正方形ですが、長方形にしたり、4辺の長さを自由に変更できます。白画面左上の四角い虹マークをクリックすると、図形の色を選択できます。

今回は白色で、長方形っぽくしてみました。

⑤文字を追加する

文字を追加したい時も簡単にできます。

左側のメニュー「テキスト」をクリックすると、さまざまなテキストスタイルを選ぶことができます。

HUGE SALE」をクリックすると右側に表示されます。SALEの文字をkindleに変えました。

少し前まではネオン系の文字やくり抜き文字なんてなかったから、デザインが増えていてびっくりしたよ

シロクマくん

おしゃれな文字がたくさんあるので、自分のお気に入りを見つけてくださいね。

⑥色々なデザインができる!

さらに、文字に影をつけたり、くりぬいたり、色々な装飾ができるようになりました。

文字をクリックすると、画面上に文字編集のメニューが表示されます。

一番右側のアイコンをクリックすると、さらに色々なメニューが表示されます。

エフェクト」をクリックすると、左側にエフェクトのメニューが表示されます。「影付き」「浮き出し」「中抜き」「スプライス」「エコー」「グリッチ加工」「ネオン」など選ぶことができます。

アザラシさん

そうそう、ちょっと前まではこんな機能なかったのよ!影をつけることもできなかったし!便利になったわね

文字の加工がしづらい点が改善されたため、GIMPより使いやすいかもしれませんね。影付きを選択するだけで一発で影がつけられるのは無料ツールなのに素敵すぎる機能です。

⑦ダウンロードしよう

表紙が完成したら、ダウンロードしましょう。

画面右上の「レターヘッドを印刷」の右側の下矢印アイコンをクリックします。

「ダウンロード」をクリック

ファイルの種類は「JPG」を選びます。電子書籍の表紙はJPG形式しかアップロードできません。

ダウンロード」をクリックすると、ダウンロードされます。

⑧完成!

こんな感じに完成しました!

Canvaを使えば、デザインが苦手な人でも5分で表紙が作れます。フォトショップやGIMPのように難しい操作を覚えることもありません。

まとめ

今回はものすごく簡単なCanvaの操作をご紹介しました。

基本的な操作を覚えるだけで、オリジナルの表紙を作成することができます。難しい操作をしなくても、ワンクリックで文字に影をつけたり、くりぬいたり、ネオンにしたり、おしゃれな装飾をつけることができます。

デザインが苦手だと思っているあなたもCanvaを使って、素敵な表紙を作ってみてください。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください